今やすっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

更新履歴
    髪と皮膚を気にする男性

    最近、特に悩みとしては大きく占めているAGAは、遺伝的な要素はどれほど関係しているのでしょう。
    また今、注目されている話題として父型の遺伝よりも母型の遺伝の方が要素としては強いという報告は事実なのでしょうか。
    ある文献の報告では、次のように記載されています。
    AGAは男性に多い病気ですが、遺伝的な要素は母型からの特性を受け継いでいることが言われています。
    女性の場合の薄毛には、父型の遺伝の要素が関わっていることが知られています。
    このことから男性に多いAGAを追求し、原因を探るためには母型の要素を考える方が早く結論づけられることがわかっています。
    男性の薄毛に関わる遺伝には、X染色体にあるアンドロゲン受容体とのかかわりが密接であることわかっています。
    また女性は本来、女性ホルモンの影響で薄毛になりにくいことが知られています。
    また薄毛が進行しないように働いているようです。

    今、現在で考えられていることは、母型の父親が薄毛であったかどうかによるようです。
    これを隔世遺伝といいます。
    もし、ご自分が薄毛になるのか心配になっておられるのなら、母型の父親が薄毛だったのかを聞くことが必要です。
    母型の父親が若いころに薄毛であったなら、AGAになる可能性は高いと言えるでしょう。
    薄毛ではなかった場合は、AGAになる可能性は少ないと言えます。
    公式サイトで正式に報告されている記事としては、母型の父親にアンドロゲンレセプターに対する感度が高い特性があるのならAGAになりやすいとされています。
    また逆に感度が低い場合には、AGAになる可能性は低いとされています。
    このような記事を参考にされ、判断されるのがベストと言えます。
    また、薄毛になっておられる本人のジヒドロテストステロンの活性度が高い場合、AGAになる可能性は高くなります。
    これらを参考にして今後の対策を考えられることをおすすめします。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索
        人気記事一覧