今やすっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

  • ホーム
  • AGAの特徴と抗癌剤による脱毛症と髭の脱毛について

AGAの特徴と抗癌剤による脱毛症と髭の脱毛について

髪を見る男性

ガン治療には3つの治療法が在り、手術による医療法、放射線による治療法、そして化学療法は薬物を利用しての治療法であり、これらを総称して3大ガン治療と言います。
3大ガン治療の中でも化学療法は抗癌剤を投与して治療を行うのtが特徴で、全身に薬剤が回る事からも、手術などでは摘出する事が難しいとされるガンの治療にも効果を持つと言います。
しかし、抗癌剤は髪の毛の脱毛症と言う副作用が現れるのが特徴で、投与後には全ての髪の毛が抜けてしまうと言った副作用が在ります。

因みに、抗癌剤は髪の毛が全て抜けると言う事は有名な話ではあるのですが、抗癌剤と言うのは正常な細胞に対しても作用するため、粘膜細胞や毛根細胞組織に対しても作用を促してしまうため、毛髪だけではなく、足のすね毛、胸毛、腕の毛、そして髭なども脱毛の症状が現れると言われています。

所で、脱毛症の中でもAGAは治療を受けずに放置しておくことで脱毛症の症状が進行し、全ての毛が抜けてしまう恐れがありますし、症状が悪化する事で発毛組織が死滅してしまうと、発毛や育毛効果を期待する事が出来なくなるため、早めにAGA治療を受ける事が大切だと言われています。

尚、AGA治療では発毛を促す作用を持つプロペシア、育毛効果を期待する事が出来るミノキシジルと言う2つの医薬品が処方される事になりますが、ミノキシジルのは多毛症と言う副作用が生じるケースが在り、髭を初めとして、腕や胸、足など、毛髪以外のムダ毛が濃くなると言った副作用が生じる事が有ると言います。
因みに、髭を脱毛する男性も多くなっていますが、脱毛する理由は手入れが楽になるからと言う事が多いのが特徴で、男性の中には髭をデザインする形で脱毛される人も多いと言います。

サイト内検索
人気記事一覧