今やすっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

  • ホーム
  • 人目が気になる人は栄養素でAGA対策をする

人目が気になる人は栄養素でAGA対策をする

鏡を見て、髪を気にする男性

AGA治療は基本的に病院に行って薬などを処方されるのが中心です。
そのため看護師や医師に症状を説明することになります。
AGAの人は外見のコンプレックスを抱えているので、人目を気にして病院に行けないこともあります。
症状がそれほど進行していないならば、薬による治療でなくても髪の毛や頭皮を健康にする栄養素を摂取すれば、薄毛を改善できる可能性があります。
ビオチンは髪の毛の生成に関与しているビタミンB群です。
ビオチンが不足すると髪の毛が細く抜け落ちやすくなります。
牛や豚のレバー、卵黄、大豆などに多く含まれています。
卵を食べると卵白まで一緒に食べてしまうのであまりおすすめできません。
卵白に含まれるアビジンは、卵黄のビオチンと結合して吸収率を下げてしまうためです。
加熱処理するとアビジンの作用は少なくなるので、卵を食べる時はゆで卵やスクランブルエッグにします。
フコイダンは、もずくやめかぶ、ワカメに多く含まれています。
食物繊維が豊富でネバネバしており、このネバネバにアミノ酸がたくさん入っているので育毛効果が期待できます。
亜鉛はタンパク質を作るのに欠かせない栄養素です。
髪の毛はケラチンというタンパク質でできており、亜鉛が不足するとケラチンが作られません。
現代人はストレスや喫煙、過度の飲酒によって亜鉛が不足しやすいです。
亜鉛は肉体や生命の維持に必要な臓器を優先に使われる特徴があります。
精子を作るという働きがあるので、髪の毛よりも繁殖に重要な生殖器で消費されやすいです。
亜鉛は牡蠣に最も多く、ゴマやそば粉、豚レバーからも摂取できます。
サプリメントで摂取する時は急性亜鉛中毒にならないように、用量を守ります。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧